For International

オーストラリアの花と植物 ~

オーストラリアにはワイルド・フラワーを含めたとても多くの種類の花や植物があります。現在オーストラリアから日本への切花の輸入量は、日本における切花の総消費量の僅か1%未満ですが、ワイルド・フラワーについてはネイティブ品種の部門において毎年安定したシェアを保っており、特に出荷のピークとなる9月から10月にかけては、色鮮やかで珍しい花がたくさん入荷してきています。

日本に輸出される花や植物の品種は、現地にて観賞用に生産または採取されている品種のうちのごく一部。現地には今のところ国内用のみに生産されている品種もあり、実際には現在日本で流通しているより、はるかに多くの品種を輸出することが可能です。

当サイトでは、オーストラリアの切花や植物が日本に届けられるまでの各段階のストーリーと代表的な品種について、オーストラリア大使館・貿易投資促進庁の職員による現地の視察と、現地の協会等を通じて入手した情報をもとに、約10回程度に分けてご紹介いたします。

Vol 2. ワイルド・フラワーの農場 

Wild Flower 2 top

ナーセリーでの増殖

ワイルド・フラワーは種から育てる品種もありますが、多くは挿し木から発根させる方法で増やしています。切花用ワイルド・フラワー品種の苗を専門的に生産しているナーセリーもありますが、切花生産農場には増殖設備を兼ね備えているところもあり、出来上がった苗を別の農場に販売することもあります。 

Flower2_1    Flower2_2 
■ 色形の良い花、茎を持った株から茎を採取。切分けて、発根、増殖させます

 

Flower2_3  Flower2_4  Flower2_5
切枝は農場に移植されるまで、散水設備を取り付けた温室または網や布が張られた戸外のスペースの中で、強い雨、風、
日差しから守られながら育ちます

 

Flower2_6 Flower2_7
こちらは鉢物として出荷するワイルドフラワーの苗

 

農場での栽培

ワイルド・フラワーの一部は温室内で栽培されていますが、多くは露地栽培で、農場に一列に並ぶ形で植えられています。同じ品種でも環境や生産方法により完成品に違いが出ます。

Flower2_8 Flower2_9
山の頂上にあるワックス・フラワーの農場

  
Flower2_10 Flower2_11 Flower2_12
収穫期を迎えたカンガルー・ポー、リューカデンドロン、クリスマス・ブッシュの農場

 

Flower2_15 プロテアの農場

 

Flower2_13
■ グレビリアの農場 
Flower2_14 
バンクシアの農場

 

NSW州原産種であるフランネル・フラワーは、品種は同じながらも色、形の特徴が個体ごとに微妙に異なります。大きく分けると、花が小さく茎の長さが短めのものと、花が大きく茎が太くて長くなるものの2種類があります。前者はほぼ年間を通じて開花しますが、後者の開花時期は現地の春頃となります。生産者はそれぞれ独自に特徴ある固体を選別し、種から育てています。露地栽培または温室栽培といった生産環境の違いや、異なる生産方法を用いることでも完成品に違いが出ます。このような違いを事前に認識し、トレンドや用途に最も合うフランネル・フラワーを指定して購入している顧客もいます。

Flower2_17
ワイヤーを張らずに1株づつスペースを空けて植えています

フランネル・フラワーの生産農場

 

 Flower2_16
■ 屋外の生産農場。茎が倒れないよう、ワイヤーが張られています

Flower2_18 
屋外に遮光の網が張られたスペースの中で、鉢で生産している様子

Flower2_19
温室生産農場

 

バンクシア・プラジオカルパなど、茎が枝分かれになる新芽が多く出てくる品種については、ストレートで美しい茎を形し、大きな花をつけるために、余分な新芽は柔らかいうちにひとつづつ丁寧に手で取り除きます。 
Flower2_20 新芽を取り除いている様子。茎に傷を残さないために、柔らかいうちに取り除くことが重要です。

 

ワラターの農場。ワラターは元来高い木の下に自生している植物です。強い日光で包葉部分が日焼けすることを防ぐため、上部に網を張ったスペースの中で、または一つ一つの花にカバーをつけて生産している農場もあります。 

Flower2_21   Flower2_22

Flower2_23  Flower2_24

  

ワイルド・フラワーは鉢物としても生産されており、オーストラリアのナーセリー産業(Nursery and Garden Industry Australia)がベスト・プラクティスとして定めたガイドラインに沿って生産活動をしていることで認証(Nursery Industry Accreditation Scheme Australia)を受けているナーセリーもあります。

 

Flower2_25   Flower2_26

Flower2_27   Flower2_28
出荷間近の鉢物のワイルド・フラワー

 

Flower2_29  常に最高の品質基準を保持するために、従業員の目の留まる場所に認証に関する記述が掲示されていました

 

多くの農場には雨水や湧き水を貯水するダムがあり、ここからポンプで水を汲みあげ、または自然の重力を使って散水しています。太陽光パネルを設置し、自然エネルギーで作った電力で冷蔵倉庫を稼動させている農場もあります。 

Flower2_30  ダムは浅いものから底が見えないほど深いものがあります

 

収穫

収穫は気温が上がる前の早朝から行なわれます。収穫にふさわしい状態のものを一瞬で見極め、手早く切って水の入ったバケツに入れていきます。  

Flower2_33  Flower2_31
■ クリスマス・ブッシュを収穫している様子
Flower2_32

 

パッキング・ハウスに持ち込み十分に水を吸わせた後、グレードごとに仕分けをし、顧客の要望に基づいて下葉を取り除き、本数または重量を揃えて結束、保護用スリーブを被せます。収穫後処理剤の入った水に入れ、冷蔵倉庫で保存しながら出荷を待ちます。

Flower2_34  Flower2_35

Flower2_36  Flower2_37 
■ 収穫され、水を張ったバケツに入った状態でパッキング・ハウスに運び込まれます   

 

 

Flower2_38 Flower2_39
Flower2_41 
Flower2_41
グレーディング後、結束され、スリーブが被せられます

ここまでの段階で国内向けのものは出荷準備完了です。輸出用のものは害虫を完全に駆除する必要があるため、くん蒸処理をし、検疫局の試験に合格した後に通関、発送となります。

収穫シーズンを終えると、農場では余分な枝を剪定し、次のシーズンも最高の状態で出荷できるための準備をします。


Vol.1 自然環境

Vol 3. ワイルド・フラワーの主な品種

Vol 4. グリーンの主な種類

Vol 5. 海外向け出荷

Vol.6  国内卸売

Vol.7  国内小売

Vol.8  ワイルド・フラワー生産100年の歴史

Vol.9 バオバブの木