For International

オーストラリアの花と植物

オーストラリアにはワイルド・フラワーを含めたとても多くの種類の花や植物があります。現在オーストラリアから日本への切花の輸入量は、日本における切花の総消費量の僅か1%未満ですが、ワイルド・フラワーについてはネイティブ品種の部門において毎年安定したシェアを保っており、特に出荷のピークとなる9月から10月にかけては、色鮮やかで珍しい花がたくさん入荷してきています。

日本に輸出される花や植物の品種は、現地にて観賞用に生産または採取されている品種のうちのごく一部。現地には今のところ国内用のみに生産されている品種もあり、実際には現在日本で流通しているより、はるかに多くの品種を輸出することが可能です。

当サイトでは、オーストラリアの切花や植物が日本に届けられるまでの各段階のストーリーと代表的な品種について、オーストラリア大使館・貿易投資促進庁の職員による現地の視察と、現地の協会等を通じて入手した情報をもとに、約10回程度に分けてご紹介いたします。

 

Vol 5. 海外向け出荷 

F-5 Top

  

輸出用梱包

輸出用切花や切葉は、グレードごとに仕分けをされ、本数または重量を揃えて結束、保護用スリーブを被せ、収穫後処理剤の入った水を十分に吸わせた後、輸出用の箱に詰められます。 

収穫直後のワラター   結束前のブラック・カンガルー・ポー

■ 収穫直後のワラター。梱包前に十分に水を吸わせます

 

 

■ 結束前のブラック・カンガルー・ポーをグレード分けしている様子

 

クリスマス・ブッシュ   切葉類

■ 品質保護のスリーブを被せて梱包されるクリスマス・ブッシュと切葉類

 

F5-5 F5-6

■ 切花、切葉の梱包用の長い箱の側面には箱ごとガスのくん蒸にかけられるよう、穴が開いています。ここから害虫が入り込まぬよう、穴には目の細かい網が取り付けられています

 

くん蒸処理と検疫局による輸出前検査

生産者たちは、輸出先各国に病害虫のない商品を届けることに細心の注意を払っています。植物の各生長段階、とりわけ出荷の数週間ほど前には農場にて入念なチェックが行なわれ、病害虫が見つかればその場ですぐに適切な処理をします。 

F5-7   F5-8

■ 健康な植物が育つよう、各生長段階において花、茎、葉の色や状態が細かくチェックされます

 

F5-9   F5-10
■ 収穫直前のチェックを行なっている様子

 

収穫とグレーディングの段階でもさらに細かなチェックが行なわれ、出荷前までにはくん蒸処理、または定められた殺虫剤へのディッピング(浸漬)処理を行うことで害虫を駆除し、また、輸送中にボトリチス菌などか発生することのないよう適切な処置をしておきます。さらに、海外向けに出荷される直前にはオーストラリアの検疫検査局による試験を受け、合格しなくてはなりません。
現地で行なわれているガスによるくん蒸やディッピング(浸漬)は、効果があることは勿論、作業者、消費者、環境への安全性を考慮し、現地では厳しい規制を受けています。 

 

F5-11   F5-12ab
■ 大手の卸売会社にあるガスによるくん蒸設備    ■ ワックス・フラワーのディッピング処理 

 

現地の協会では生産者向けに品質の統一規格など作成し、これらを通じて生産者たちの病害虫に対する意識を高めることで、病害虫に汚染された商品が誤って出荷されることのないよう努めています。

   

コールド・チェーン

切花は多くの場合空輸されますが、空輸の場合、農場で箱づめされてから輸出先の空港に到着するまで、最短4日間は給水しない状態になります。輸送期間中に品質の劣化を防ぐためには温度管理が重要です。オーストラリアでは花の品質と温度帯の関連についての研究が専門家により行なわれており、その研究結果はシリーズ化された出版物を通じて広く業界に共有されています。このため、オーストラリアの花業界に携わる多くの人たちは、サプライチェーン全体でコールドチェーンを継続させることの重要性を深く理解しています。

大規模な生産者は冷蔵倉庫は勿論、冷蔵車も自社で保有し、直接空港まで冷蔵輸送しています。

空港から遠く離れた地方にある小規模生産者は冷蔵倉庫、冷蔵車、くん蒸設備などを同地区の生産者と共有または大手輸出会社の設備を利用することで、効率よく出荷できる体制を整えています。

オーストラリアの生産者、輸出者は売先である海外の輸入者に対し、最高品質の商品を消費者に届けるために、到着地においてもコールドチェーンを継続してもらえるよう、呼びかけています。 

F5-13   F5-14
F5-15   F5-16

■ コールドチェーンを徹底するために、箱詰めされた切花、切葉は出荷まで冷蔵倉庫で保管され、空港までは冷蔵車で輸送されます。

 

Vol.1 自然環境

Vol 2 ワイルドフラワーの農場

Vol 3. ワイルド・フラワーの主な品種

Vol 4. グリーンの主な種類

Vol.6  国内卸売

Vol.7  国内小売

Vol.8  ワイルド・フラワー生産100年の歴史

Vol.9 バオバブの木