For International

スポーツ分野におけるオーストラリアの実績

Australia Creating World Class Sporting Event 

Australia Creating World Class Sporting Event

File in PDF format ダウンロード(英語 299KB)

 オーストラリアは大規模スポーツイベントに関する幅広い専門知識と経験を持つ国です。大規模スポーツイベントの実施における全てのステージで、その強みを発揮しています。

  • イベント評価や招致のサポート
  • 戦略の立案
  • ガバナンスや組織整備
  • マスタープランニング、オーバーレイ、および競技会場以外のインフラを含む会場設計と建設
  • イベントのプランニングサービス
  • イベント管理と運営
  • 開・閉会式などのセレモニーや文化イベント
  • イベントで使用する商品の設計や供給
  • 革新的なソリューションやテクノロジーの提供

世界に誇る大規模スポーツイベントの実績

オーストラリアは、多様性に富んだ革新的な方法で、様々な世界の大規模スポーツイベントに貢献しています。ほとんどの主要な国際スポーツイベントを運営する組織委員会の中でも、オーストラリアは大きな役割を果たしています。

オーストラリアの実績例です。

場所  イベント  実績 
カタール  2022年FIFAワールドカップ 

新国際スタジアムの設計開発

セキュリティプログラムの管理と計画 

日本  2019年IRBラグビーワールドカップ 計画立案サービス  
ソチ、カザン、ロストフ・ナ・ドフ(ロシア) 2018年FIFAワールドカップ     スタジアム設計
ジャカルタ 2018年アジア大会   ジャカルタ国際自転車競技場の設計
ヒューストン  2017年スーパーボウル 人材管理のプラットフォーム設計と実装 
リオ  2016年オリンピック

プロジェクト計画、イベント運営・管理

家具・スポーツ用具の提供 

オーストラリア 2015年AFCアジアカップ

Multicultural community engagement programの設計

オーバーレイ  

 グラスゴー 2014年コモンウェルス・ゲーム  スポーツプレゼンテーション 
ロンドン  2012年オリンピック

22億(豪ドル)相当の選手村の開発とプロジェクト管理

ピンクとブルーが特徴的なホッケーピッチの建設 

ニュージーランド
2011年ラグビーワールドカップ   花火や開・閉会式における特殊効果 
 インド 2010年コモンウェルス・ゲーム 緊急時の保障、管理、政策および選手村の運営  
 南アフリカ
2010年FIFAワールドカップ  ネルソン・マンデラ・ベイ・スタジアムの屋根の建設 
バンクーバー  2010年冬季オリンピック 開・閉会式のエグゼクティブプロデューサー/芸術監督  
広州    2010年アジア大会  計画作成と知識移転のセミナーの開催
北京  2018年の北京オリンピック ナショナルアクアティックセンター(ウォーターキューブ)の設計 

オーストラリアの優れた実績

フアン・アントニオ・サマランチ元IOC会長は2000年のシドニーオリンピックが「これまで最高のオリンピックだった」と宣言しました。 その結果、2000年のシドニーオリンピックは、その後のスポーツイベントのベンチマークとなり、オーストラリアは主要なスポーツイベントにおける世界的リーダーとなりました。

オーストラリア国内における実績では、2003年のIRBラグビーワールドカップ、2006年のメルボルンコモンウェルスゲームズ、2015年のAFCアジアカップ、2015年のICCクリケットワールドカップ、2017年のラグビーリーグワールドカップがあります。また、2018年のコモンウェルスゲームズ、オーストラリアの2020年のICCワールドT20トーナメントでも、オーストラリアのスポーツ業界をリードする様々な企業が携わっています。

また、海外における実績では、2000年のシドニーオリンピック以来に行われた全てのオリンピック・パラリンピックに加え、FIFAワールドカップ、IRBラグビーワールドカップ、ICCクリケットワールドカップ、コモンウェルス・ゲーム、アジア大会、アジアカップ、そしてパンアメリカン競技大会などが挙げられます。