For International

【投資】豪州政府、10億豪ドルのイノベーション計画を発表

2013年2月19日

 

オーストラリア政府は、10億豪ドルのイノベーション計画を発表した。市場に新たなアイデアをもたらすため、半額の5億豪ドルを10個のイノベーションクラスターへの資金提供に活用する。
この計画は、主にアジアとの既存の経済関係を強化することを目的としている。

 

オーストラリア政府の産業・イノベーション声明(Australian Government’s Industry and Innovation Statementに基づいて、産業主導のイノベーション特区に約5億豪ドルを提供する。その目的には、既存のメルボルンにある製造業センターの強化や、オーストラリアの農業・食品部門の成長を図るための新しい食品特区の強化などが挙げられる。

 

この計画では、イノベーションクラスターを計10個形成する。その内8個のクラスターは競争選考手続きにより決定する。オーストラリアの研究能力とビジネスを結びつけ、イノベーションによる国の収益力を強化するのが狙いだ。

 

グレッグ・コンベット産業・イノベーション大臣はABCテレビに対し、「研究活動の収益化という面では、オーストラリアは世界と比較して劣位に立たされている。研究活動の一部を方向付けしていくよう産業界に働きかけることが1つの解決策になると考える」と語った。

 

クラスター内で事業を展開する中小企業で業績が好調なものは、その可能性を最大限に活かすためGrowth Opportunities and Leadership Development (GOLD: 成長の機会とリーダーシップ開発)サービスを活用できる。GOLDサービスを提供するためにオーストラリア貿易促進庁(オーストレード)などの事業支援サービスが協力する。Enterprise Connect、Commercialisation Australia、AusIndustry、Export Finance and Insurance Corporationも協力を行う。

 

また、政府は、企業競争力の向上を目的として、産業と研究機関との関係を強化するため、Manufacturing Leaders Group(製造業リーダーグループ)Services Leaders Group(サービス業リーダーグループ)という2つの新産業リーダーグループを設置した。

 

コンベット大臣は、「政府として、オーストラリアのサービス部門におけるイノベーション、生産性、スキル、国際展開、国際競争力への影響などの分野で助言を行っていく」と発言した。
産業・イノベーション声明には、ベンチャーキャピタル向けの新規融資3億5千万豪ドル、および、オーストラリアの40億豪ドル規模の製薬産業に対する海外投資を促進させるための臨床試験改革に向けた約1千万豪ドルが含まれる。

 

 共同記者発表の全文