For International

オーストラリアの花と植物

オーストラリアにはワイルド・フラワーを含めたとても多くの種類の花や植物があります。現在オーストラリアから日本への切花の輸入量は、日本における切花の総消費量の僅か1%未満ですが、ワイルド・フラワーについてはネイティブ品種の部門において毎年安定したシェアを保っており、特に出荷のピークとなる9月から10月にかけては、色鮮やかで珍しい花がたくさん入荷してきています。

日本に輸出される花や植物の品種は、現地にて観賞用に生産または採取されている品種のうちのごく一部。現地には今のところ国内用のみに生産されている品種もあり、実際には現在日本で流通しているより、はるかに多くの品種を輸出することが可能です。

当サイトでは、オーストラリアの切花や植物が日本に届けられるまでの各段階のストーリーと代表的な品種について、オーストラリア大使館・貿易投資促進庁の職員による現地の視察と、現地の協会等を通じて入手した情報をもとに、約10回程度に分けてご紹介いたします。

 

Vol 9. バオバブの木

Flower9 Baobab1

Introduction

「逆さまの木」とも呼ばれているバオバブには様々な品種があります。多くはアフリカ原産ですが、オーストラリアにはアダンソニア・グレゴリーという品種が西オーストラリア州北部のキンバリー地域に自生しています。同地域では、樹齢数百年またはそれ以上と考えられている巨大なバオバブも数多く見ることが出来ます。
オーストラリアに自生しているバオバブは、環境保護の目的で採取や伐採が厳しく禁じられていますが、土地開発の対象となった地域など、特別な理由がある場合に限り、ライセンスを持つ現地の企業が個別に政府の許可を得た上で採取し、国内での移植や海外向け輸出を行っています。

バオバブを移植する際は、時間をかけてそれぞれの木の特徴と自生地の環境を入念に調査し、詳細な移植計画が立てられます。この計画に沿って、時には多くのボランティアの方々にも支えられながらプロジェクトが進められていきます。

大型植物の採取と移植には多額の費用、労力、時間を要し、植樹後についても継続的な観測と植栽地の環境管理が必要となります。このため、バオバブはオーストラリア国内であっても手軽に取引されることはなく、自生地以外では植物園のような特別な場所に行かなくては、めったに目にすることの出来ない貴重な植物です。

今回はこのバオバブの特徴と、バオバブがどのように採取され、輸出され、植え替えられるのかを、近年日本の植物公園(広島市植物公園)に届けられた1本の木の例を通じてご紹介いたします。

バオバブの特徴

先住民の生活を支えたと言われる大切な木。木の皮は衣服や袋などとして利用され、実は食され、飲水の確保に窮したときは、幹の中に蓄えられた水で先住民の喉を潤したと言われています。

バオバブは多肉植物で枝や幹の内側はスポンジのような繊維質になっています。雨季は幹の中に大量の水を貯え、乾季に備えます。柔らかい木なので幹の部分を強い力で圧迫するとあざのようなものが出来てしまうことがありますが、ダメージを受けた部分は長年かけて自然に修復されます。

Flower9_Baobab2    Flower9_Baobab3 

左:枝の断面の荒く切れた部分から特徴的な繊維質が見える。右:細い枝を折ってみると中に水分が多く含まれているのが分かる。

バオバブの自生地カナナーラの気候は、 年間平均最高気温が35℃、最低気温が21.3℃と年間を通じで温暖ですが、降雨量については、真夏で雨季にあたる2月の平均が216.7mm、 真冬で乾季にあたる8月の平均が0.1mmという、極端な違いがあります。このような特徴的で過酷な自然環境の中で強い生命力を発揮しながら生きています。

Flower9_Baobab4
  Flower9_Baobab5 

山火事で表面が焼けたバオバブ。人間の皮膚のように表面の樹皮が乾燥して剥けてくるが、やがて滑らかな表面が出てくる。

Flower9_Baobab6
  Flower9_Baobab7 

オーストラリア国内の別の場所に移植されたバオバブ。輸送中下になっていた部分が圧迫されたことにより、たくさんのあざのようなものが出来てしまった跡。移植後、幹の表面に出来てしまったダメージ部分の一部に腐敗が見られたが、腐敗部分を丁寧に取り除くと、自然修復が進み、現在ではくぼみの内部が完全に乾いて内部から組織が押しあがってきているのがわかる。

Flower9_Baobab8
  Flower9_Baobab9 

幹の上部が折れ、下部には大きなダメージを受けたバオバブ。下部の損傷部分は空洞化しているが、その内部の表面は自然に修復されている。自生地ではこのように傷つき、修復された跡の残るバオバブは数多くみられる。長い歴史の中で過酷な環境を生き抜いてきたことが想像される。

バオバブは幹の部分で光合成が出来るため、葉を必ずしも必要としません。乾季や水不足の時は葉を落として蒸発を防ぎ、内部に水分を蓄えることで生き続けています。

Flower9_Baobab_10

バオバブの幹の表皮をそっと剥してみると葉緑素(クロロフィル)が見える。

同じ地域に自生しているバオバブでも、わずかな自生位置の差で地下水に根が届くものと届かないものがあり、このような差異は長い時間が経過した後のそれぞれの木の生長に影響してくると考えられています。このため見た目の幹の太さや木の高さだけで樹齢を判断するのは難しいといわれています。

Flower9_Baobab_11 

同じ大きさのバオバブの苗を約8年ほど前に同じタイミングで同じ敷地内に一列に並べて植えたもの。植えた位置の地下層の特徴、日当たり、根が地下水に届いているかどうかなど、僅かな差が長い年月を経た後、大きな違いとなって表れてくるのを観測できる。

バオバブは最適な環境下では花が咲き、結実します。但し自家受粉しないため、花を咲かせるには最低でももう1本の木が必要となります。

Flower9_Baobab_12
薄い黄色の花を咲かせているバオバブ

Flower9_Baobab_13

 Flower9_Baobab_14 Flower9_Baobab_15  Flower9_Baobab_16 

バオバブの実。固い外殻の表面は毛羽立っている。中には白い繊維質の果実と種が入っている。

Flower9_Baobab_17
  Flower9_Baobab_18 

左:バオバブの実から発芽した、若い苗木の主根部分の皮を削ったもの。食べると甘くてジューシー。右:ナーセリーにてバオバブの種を発芽させて育てた苗木で約1年経過したもの。

バオバブは暑さと乾燥には強く、寒さと湿気に弱い植物です。バオバブの限界最低気温は0度くらいと考えられており、日本の冬季はこれを下回るため、移植する場合は室内での管理が原則となります。また、湿気と根腐れを防ぐために、多くの場合水はけがよく、無機質な、土ではないメディアに植えられます。

バオバブ自体にもある程度の環境適応能力はあります、植樹して暫くの間は自生地に近い環境を再現することでストレスを最小限にし、徐々に新しい環境に慣らしていくのがよいと考えられています。気温が上がる春夏は水をやり、秋冬は極力乾燥気味にするといった、二つの異なる季節を交互に再現するのが理想的だそうです。

バオバブの採取、日本向け輸出、移植のプロセス

ライセンスを持つ現地のナーセリーと共に自生地(採取の許可申請対象地域)を訪れ、採取する木を選定し、現地政府に申請をします。採取できる木にはそれぞれ固有の登録番号とおおよその幹の太さが書かれています。

Flower9_Baobab_19 

採取の許可が取れ、日本に送られることが決まったバオバブの木。幹の部分に登録番号94と書かれている。

輸送可能な(20フィート又は40フィート、オープントップ又はフラットラックコンテナに収まる)大きさにするために切り落とす枝と位置を決めます。

Flower9_Baobab_20 
それぞれの位置の長さを計測し、残す枝と切り落とす枝を確認。
Flower9_Baobab_21

決めたとおりに枝を切り落としている様子

Flower9_Baobab_22

 

Flower9_Baobab_23 

左:バオバブの周囲を重機で掘り出す。右:途中で倒れてこないよう、上部にスリングを取り付ける

Flower9_Baobab_24 

周囲全体をさらに掘り出す。

Flower9_Baobab_25 

根に近い部分の土を手作業で少しずつ丁寧に剥しているところ。根への大きなダメージは植物にとって命取りになってしまうことがあるため、細心の注意が払われる。

Flower9_Baobab_26

 ゆっくりと幹を倒し、下部にもスリングをつける。

Flower9_Baobab_27 

完全に土から離れた後は、幹の特定部分への負荷をかけないために、ゆっくりと寝かしながら総重量が均等になるよう、水平にして釣りあげる。

Flower9_Baobab_28 

今回掘り出したバオバブの主根部分。真下に大きな岩があったため、根は地中深く伸びていなかった。

トレーラーに載せて、動かないようにベルトを締めます。輸送中圧迫されることでダメージとならないよう、床とベルトの下にはクッション材を挟みます。

Flower9_Baobab_29 

バオバブをトレーラーに固定する様子。

Flower9_Baobab_30 

トレーラーが動き、ゆっくりと自生地を離れるバオバブ。

今回はバオバブを輸出するための準備を北部準州にあるナーセリーで行うため、まずは西オーストラリア州から北部準州へ、州を越えてバオバブの木を輸送するための準備として洗浄、消毒処理を自生地の近くの施設で行い、検疫証明書(Plant Health Certificate)を入手します。

Flower9_Baobab_31
 

Flower9_Baobab_32

害虫が発生しないよう、薬品を噴霧。翌日検疫証明書を入手。これで北部準州への持込準備完了。

 


Flower9_Baobab_33  Flower9_Baobab_34
Flower9_Baobab_35

西オーストラリア州と北部準州の州境を通過。

ナーセリーに到着。日本向け輸出に必要な洗浄、消毒、殺虫処理を行います。また、輸送中に大きなダメージを引き起こす原因となる可能性のある細かな根や枝はここであらかじめ切り落とします。

Flower9_Baobab_36    Flower9_Baobab_37 

トレーラーから下し、清潔な水で土を洗い流しているところ。土が付着していると日本の検疫を通過することが出来ない。根を傷つけないよう、低い水圧で丁寧に洗浄する。完全に除去できるまで何日もかけて何度も慎重に作業を繰り返す。 

Flower9_Baobab_38 

切り落としたバオバブの枝の断面を硫黄の粉でシーリング。木にも再生能力があり、切断後2週間程度で表面に保護被膜が出来るといわれる。

Flower9_Baobab_39 

洗浄、消毒後、積出港に向けて輸送する前に木に虫や土などがつかぬよう、グラスファイバー製の布で完全に覆う。

Flower9_Baobab_40

再びトレーラーに載せ、積出港に向けて出発。

Flower9_Baobab_41

港にある輸出用コンテナヤードでフラットラック・コンテナに載せられたバオバブ。

バオバブを載せたコンテナ船はクイーンズランド州ブリスベンの港から大阪港に向けて出港し、航海日数約2週間で到着。無事日本での検疫検査に合格し、植栽地に到着。この時点でバオバブは自生地で採取されてから既に2か月半ほど経過しています。この間、土から剥され、人工的な保水処理を施すことなく生き続けられたのは、バオバブに驚異的な保水能力があるためです。到着時には幹や枝から新しい芽が吹き始めているのが見られました。

Flower9_Baobab_42

植栽地に到着したバオバブ

Flower9_Baobab_43   Flower9_Baobab_44

クレーンを使って温室に搬入。

Flower9_Baobab_45

硫黄で表面保護された枝の断面からは新芽が出てきているのが見える。

Flower9_Baobab_46
  Flower9_Baobab_47

バオバブの特に根にダメージを与えぬよう、ゆっくりと慎重に垂直方向に起こしていき、地下に空気が入らないように注意しながら水はけのよいメディアに丁寧に植えこむ。

Flower9_Baobab_48

多くの人の手と数カ月の時間を経て、ようやく日本の新天地に植え込まれたバオバブ。

広島市植物公園では2018年3月3日に大温室をリニューアルオープンし、バオバブも一般公開されています。

上記のようなバオバブの移植プロジェクトはオーストラリア国内や海外(日本以外ではジョージア、シンガポール、カタールなど)でも行われており、主に植物園などに植樹され、大切に管理されています。

Flower9_Baobab_49

国内で移植された最大級のバオバブは西オーストラリア州パースにある、キングス・パークで見ることが出来る。

Flower9_Baobab_50

自生地カナナーラから東に230キロほどのところにある北部準州ティンバークリークの近くにある公園に移植されたバオバブ

 

Vol.1 自然環境

Vol 2 ワイルドフラワーの農場

Vol 3. ワイルド・フラワーの主な品種

Vol 4. グリーンの主な種類

Vol 5. 海外向け出荷

Vol.6  国内卸売

Vol.7  国内小売

Vol.8  ワイルド・フラワー生産100年の歴史